サルでも分かるバストアップの方法とは?

女性ホルモンを活発にする

バストを大きくするためには、乳腺の発達を促すことが望ましいです。そしてこの乳腺は、女性ホルモンによって活発に働きます。大豆イソフラボンは、女性ホルモンに類似した成分です。そのため、大豆製品をたくさん摂取するとバストが大きくなります。ただし、大豆イソフラボンは摂取しすぎるとホルモンバランスが乱れるため注意が必要です。
また、大豆製品だけを食べるのではなく、ビタミンやミネラル、動物性のタンパク質を摂取することもバストアップには大切です。栄養が偏っていると、バストが発達しにくくなります。そしてこれらの栄養には、バストにハリを出したり、脂肪をつけたりする働きがあります。乳腺を活発に働かせると、バストのほうに脂肪がつきやすくなるのです。

血行を促して栄養を届ける

しっかりと栄養を摂っても、栄養がきちんと運ばれなくては意味がありません。栄養は毛細血管を通って体の隅々まで届けられます。そのため、血行が悪いと栄養が行き渡らなくなり、バストの発達の妨げになるのです。血行が悪くなる原因は、冷え症や姿勢の悪さなどがあります。
体が冷えると血管が縮まります。そうすると流れる血液の量が減ってしまい、血行が悪くなってしまうのです。また、姿勢が悪いと筋肉が凝り固まりやすくなります。筋肉が固くなると血行が悪くなるのです。そして猫背だと、バストを支える筋肉が弱っていきます。それによって、バストのハリがなくなって小さく見えるのです。バストを大きくするためには、血行をよくすることが大切です。

© Copyright Beauty Support. All Rights Reserved.